• HSE管理
  • 质量管理
  • 核心理念
  • 人才发展
  • betway|官网授权大家庭
  • 招聘信息
  • 如何加入betway|官网授权
  • 版权所有:南通betway|官网授权化工股份有限公司 @2018

    2,4-D


    2,4-Dはフェノキシ酢酸類の除草剤で、その作用機序は植物ホルモンに類似し、植物体内のホルモンのバランスを干渉することによって、核酸と蛋白質の代謝を破壊し、一部の器官の生長を促進又は抑制し、雑草の茎葉を変形させ、茎の根元を太くし、分裂させる等があります。2,4-Dは植物の生長の刺激と抑制の二つの活性があり、その除草効果は強烈な抑制作用の現しであります。農業生産において刺激作用は製品の品質又は生産量を上げることに利用され、抑制作業は主に除草剤として利用されます。


    2,4-Dは農薬史上において記録的な意味があり、当該品種が1945年に市場に導入され、その後直ぐに小麦、トウモロコシ、稲及びその他穀類作物の農地雑草の予防、除去に利用され、成功を遂げた選択性除草剤の第1例になり、半世紀以上に渡り依然として農業生産の中で重要な役割を果たしています。2,4-Dのコストが非常に低く、広葉雑草に対して優れる予防、除去効果があり、70年利用されて抵抗性が殆どないため、グリホサート抵抗性雑草の予防と除去にも利用されています。近年、グリホサートの抵抗性が段々上がる中、2,4-Dも幅広い範囲で利用され、ダウ・ケミカルのEnlist技術が更に突破的に2,4-D性状抵抗の多数の作物を紹介し、2,4-Dの長期な市場利用の見込みを明らかにしました。


    中国の2,4-D産業は長年国際市場に遅れ、従来のプロセスの汚染が深刻で、製品の品質が低下しているため、海外市場において競争力に欠けています。南通betway|官网授权は10年以上の努力を経て2,4-Dの清潔生産プロセスを開発し、従来のプロセスでの汚染問題、廃水の量が多くて処理が難しい、製品品質低下等の業界における難題を突破し、国家十二五計画科技難関突破支持項目として評価されています。


    南通betway|官网授权の2,4-D清潔プロセスの革新と進歩は主に下記の内容に表しています。


    1. 全世界で初の無味2,4-Dで、農家の使用条件が更に優しい;

    2. 新たに開発した清潔プロセスで、廃水と廃ガスの汚染問題を解決;

    3. 独自の結晶形があり、更に良い溶解性と流動性を向上でき、それに粉塵がないた

    4. 全世界最大の生産能力があり、安定した供給と競争力のある価格を確保;

    5. FAOの標準及び中国の業界標準の制定に参与し、業界全体の品質を向上;


    クロロタロニル


    クロロタロニルは全世界で最も利用される多座位広域保護性殺菌剤の一つであり、作用機序は真菌細胞中のグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼと反応し、当該酵素の中に含まれるシステインの蛋白質と結合して当該酵素の活性を破壊し、真菌細胞の新陳代謝を破壊し生命力を失わせることで、クロロタロニルは幅広い作物に適用し、殆ど抵抗性のリスクがなく、今までクロロタロニルの薬性抵抗性についての報道はありません。


    1963年に市場に導入された以来、クロロタロニルはグロバール市場で幅広く利用される殺菌剤の品種になり、2016年クロロタロニルの全世界での売上が3.3億ドルに達し、市場における需要は安定した成長がなされています。新しい殺菌剤も多種類市場に導入されていますが、抵抗性問題も多発し、段々目立っています。特に単一作用座位で選択性が非常に高い殺菌剤はその抵抗性の成長も早いため、多座位保護性殺菌剤の重要性が日増しに高くなり、将来の市場にけるクロロタロニルの需要も安定した成長を保つ見込みであります。


    当社はクロロタロニルに対する20年以上の継続研究開発と生産技術の革新を経て、以下の独自の優位性を構築してきました。


    1.自主知的財産権のあるコア触媒で、中間体製品を生産するためのアンモ酸化技術を持っています;

    2.先進一流の生産自動化レベルとEHS高標準の工場生産拠点を持っています;

    3.全世界最大のクロロタロニル生産規模と全世界最大の単一ライン生産能力のあるサプライヤーになっています。


    当社クロロタロニルの技術優位性、生産の高標準と規模効果は当社がクロロタロニルの製造におけるリード的地位を確保しています。このため、当社はお客様に更に安定した供給、更にコストパフォーマンスの良くて品質の良い製品を継続的に供給することができます。


    アゾキシストロビン


    アゾキシストロビンは全世界最大のメトキシアクリレート類殺菌剤で、その作用機序は病害真菌のミトコンドリアの呼吸を抑制することによって、病菌のエネルギー合成を破壊し、保護、治療と除去の三つの効果があります。うどんこ病、さび病、ふ枯病、汚斑病、露菌病、稲熱病等殆どの真菌病害に対して優れる予防・治療効果があります。


    アゾキシストロビンは1992年にイギリスのブライトン植物保護会議で初めて報道され、1997年に市場に導入され商品化にされて僅かな1年間で1998年に全世界における売上高が2億ドルに達成し、その後売上高が年々安定を保ちながら上昇し、2015年に全世界における売上高が13億ドルに達し、現在全世界売上高最大の殺菌剤になり、全世界殺菌剤市場の10%近くのシェアを占めています。現在、アゾキシストロビンは既に百以上の国で登録され、百以上種類の作物にある500種類以上の病害の予防に利用されています。アゾキシストロビンの殺菌は帯域が広く効果が高く、植物の健康的生長を促進することができ、それに農家のコストが継続的に低下しているため、将来の市場ではアゾキシストロビンに対する需要は更に成長する見込みがあります。


    当社は過去のアゾキシストロビンに対する継続的研究開発と生産技術の革新によって、現在中国最大のアゾキシストロビン原薬製造メーカーになり、以下の独自優位性を構築しました。


    1. 自主知的財産権のあるアゾキシストロビン生産プロセスの特許権があり、お客様に協力してハイエンド市場を開発することができます。


    2. 二つの大きなコア重要中間体を独自で組み合わせ、安定した生産とコストの競争力を確保できます。


    3」ョアゾキシストロビンの国際標準の制定に参与し、アゾキシストロビンFAO標準の申請を実施し、2019年に評価に合格する予定で、当社のアゾキシストロビン製品品質が全国ないし全世界でのトップレベルを保つように取り組んでいます。